2007年03月12日

バレンシアガ:ブランド基礎知識

ブランド(英:brand)とは、ある商品・サービスを象徴するもののこと。ある商品・サービスを、別の商品・サービスから区別するための商品名称やシンボルマーク、模様だけでなく、消費者が商品・サービスを見た際に想起させる周辺イメージ総体もブランドと呼ぶ。従来はマーケティングの世界の用語であったが、地域自体やその名称をブランドと考える「地域ブランド」も近年提唱されており、その概念は広がりを見せている。

文字や図形で具体的に表現された商標もブランドの一つである。狭義には、ファッション分野での高級品イメージのついた一部メーカー及び商品群を指す。

ブランドは元々、自分の家畜などに焼印を施し、他者の家畜と区別するために行われたものである。商標法で保護されている「ブランド」も同じような商品を見分ける為に製造元が取り付けていた商標やマーク、タグなどの付属物であり、それに過ぎない。しかし、その商品が優れていた結果広く使われるに従い、付属物が「商品が良質だ」「使い勝手が良い」等といった判断基準を消費者に連想させるような働きを するようになる。また、その逆もある。   商品を現すイメージを確立した後は、付属物自体(ブランド自体)が重要な意味を持つようになった。それが商品やサービスとは離れて、独り歩きする場合もある。

現代では、マーケティング分野におけるブランドの価値が注目されており、欧米における企業買収、企業合併に際して”ブランド価値”無形資産として高く評価されている。例:たばこ会社のフィリプモリスが食品会社クラフトを買収したときや、ネスレがイギリスの菓子メーカーを買収した際には、ブランド価値に対して巨額を支払った。

ブランドとは、「焼印をつけること」を意味するbranderという古ノルド語から派生したものであるといわれている。古くから家畜に自家のものであることを示すために自製の焼印を押した。現在でも、brandという言葉には、商品や家畜に押す「焼印」という意味がある。

これから派生して、「識別するためのしるし」という意味を持つようになった。

このことから、他の売り手・売り手集団の製品・サービスを識別し、競合他社(他者)のものと差別化することを目的とした、名称、言葉、シンボル、デザイン及びそれらの組み合わせであるとされる。他社(他者)の製品・サービスより優れており、それを顧客に認識させることによって、企業等にとっては顧客の安心感を獲得でき、自有ブランドに「価値」が生まれる。


posted by BB at 19:19| バレンシアガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バレンシア県

バレンシア県(スペイン語:Valencia、バレンシア語:València)はスペインの県。バレンシア州の中部に位置する。県都はバレンシア。

アリカンテ県、アルバセテ県、クエンカ県、カステリョン県に接し、地中海に面する。県の一部Rincón de Ademuzは、クエンカ県とテルエル県にはさまれた飛び地となっている。

人口は2,416,628人(2005年)で、3分の1が県都のバレンシアに住む。県内には265の基礎自治体(municipio)がある。また、16の郡(comarca)がある。
posted by BB at 19:16| バレンシア県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリストバル・バレンシアガ

クリストバル・バレンシアガ (Cristóbal Balenciaga,1895年1月21日 - 1972年3月23日)は、バスク系スペイン人のファッションデザイナー。

バスク地方のギプスコア県ゲタリア生まれ。1937年8月、パリのジョルジュ・サンクに開店した。ハーパース・バザー誌の編集者カーメル・スノーは初期の顧客である。1950年代から1960年代にかけてのオートクチュールの顧客には、ポーリーヌ・ド・ロートシルト、グロリア・ギネスらがいた。ユベール・ド・ジバンシーはアシスタントをつとめたことがある。オスカー・デ・ラ・レンタも影響を受けたという。1968年に彼は引退したが、プレタポルテ部門はフランスのデザイナーによって継続されている。

ケネディ大統領が、ジャクリーン・ケネディ夫人と連れだってバレンシアガの服を購入していたのはよく知られている。

バレンシアで死去。

posted by BB at 19:13| クリストバル・バレンシアガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

財布の生地ポリ塩化ビニル

ポリ塩化ビニル(ポリえんかビニル、polyvinyl chloride、PVC)または塩化ビニル樹脂は、一般的な合成樹脂(プラスチック)の一つで、塩化ビニル(クロロエチレン)を重合したものである。俗に塩化ビニール、塩ビなどと呼ばれるが、このような呼称は単量体である塩化ビニル(クロロエチレン)との混同を生じるおそれがある。そのため、単量体である塩化ビニル(クロロエチレン)を特に塩化ビニルモノマーと呼ぶことがある。

塩化ビニルモノマーを重合させただけの樹脂は、硬くて脆く、紫外線などにあたると分子を構成する塩素原子がはずれて劣化黄変しやすい。利用のためには柔らかくする成分(可塑剤)と、劣化を防ぐ安定剤を加える。熱を加えると軟化する(熱可塑性樹脂)。
posted by BB at 19:09| バレンシアガ:ポリ塩化ビニル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バレンシアガ:財布の生地について

皮革
皮革とは、動物の皮膚を生のままないしはなめしてあるものを指す。しかし、20世紀以降では人工的に作られた人工皮革(合成皮革、商標名「クラリーノ」「エクセーヌ」など)があるため、それを含んでこう呼ぶ場合がある。その場合、動物の皮膚をなめしたものを人工皮革と区別するため、天然皮革(てんねんひかく)という場合もある。

皮革の中でも、元々生えていた体毛まで利用するものは毛皮という。


なめし
動物の皮は、一般にそのままだと固くなったり腐敗してしまったりする。これらを防ぎ、皮を柔らかくして耐久性や可塑性を加え、皮革として利用するために必要な作業がなめしである。 なめしの工程では、腐敗しやすい動物の脂やたんぱく質を除き、コラーゲン繊維を残す。また、柔らかくするために主に合成の脂(リンスと同じ)を再度入れる(加脂)。

なめしには、元来植物由来のタンニンなどが用いられてきたが、現在では化学薬品で処理されることが多い。主にはクロムが使用されるが、その作用機序は皮の蛋白質とクロムの錯体を作って、耐熱性等の性能が向上し、革となる。さらに、タンニンとクロムなどの金属を組み合わせたコンビネーションなめしという方法も用いられてきている。

タンニンなめしの特徴として、切り口(コバ)が茶褐色、型崩れし難く丈夫、染色し易い(染料の吸収がよい)、吸湿性に富む、使い込む程艶や馴染みがでる、などがある。反面、タンニンでなめす場合、タンニンを革の中心部分に浸透させるために、タンニン濃度を徐々に上げる必要があるため(濃度が高いと表面にだけタンニンが結合し、後で浸透しなくなる)工程数が多くなり、30以上の工程を踏まえる必要があるため高コストになるという点がある。よく皮革製品で「飴色になる」と表現されることがあるが、それはこのタンニンなめしの革製品の艶と馴染みによるものである。
posted by BB at 19:07| バレンシアガ:財布の生地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バレンシアガの財布:財布とは

財布(さいふ)は、紙幣や硬貨を保管するための袋。

皮革が主流であるが、布やポリ塩化ビニル、紙が素材として使われる。また、紙幣や硬貨以外にも、クレジットカードや運転免許証、定期券、名刺等を入れることができるようになっているものが多い。また紙幣を入れず小銭専用の小銭入れもある。

欧米では17世紀に紙幣が登場するのと時を合わせて登場した。それ以前は紐付きの小さな袋が硬貨をいれて財布として使われていた。これらの初期の財布は牛革や馬革をなめしたものが使われていた。日本では江戸時代に、藩紙が使われるようになって広まり、懐紙入れの技術を応用して作られた。紙幣が流通する以前は、中央に穴があけられた硬貨が使われており、穴に紐を通して持ち運ばれていた。

現在広く使われている、複数のカード用のポケットつきの二つ折りの財布は、1951年にクレジットカードが発明されて以後広まり、1950年代初期にほぼ現在のものと変わらないデザインのものが完成した。1970年代にマジックテープを使用した財布が広まったことを除けば20世紀中、財布のデザインは変化しなかった。ビジネス用のシンプルなデザインから、アニメなどのキャラクターが印刷されたもの、また変わりものとしては、透明なプラスチック製で中身が見えるものなどもある。

男性の被服には、財布を入れるポケットに、紛失・盗難防止用にボタンが付いていることもある。背広上衣の左内ポケットやズボンの左ポケットである。右利きの人は左のポケットに財布を入れることが多いからである。
posted by BB at 19:04| バレンシアガ:財布の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。